タダポックスで、まだセックス

早漏・EDに悩み、セックスを諦めていませんか?タダポックスを使えば、まだセックスが可能です。

タダポックスとポゼットと漢方による早漏治療

タダポックスというのはEDと早漏の両方とも治療できる薬で、有効成分が血管を拡張させて血流を良くすることによって陰茎への血流が増加するので勃起不全の症状を改善することができます。
またタダポックスには性行為をしている間の射精までの時間を遅らせるという効果もあるので、どちらに対しても有効な薬として服用されています。
タダポックスの服用方法は空腹時に最大の効果を発揮するので、セックスの直前などに服用することが一番良いとされているので、EDや早漏の症状を改善する場合にはセックスの直前に服用することが重要です。
タダポックスは射精に至るまでの時間をのばす効果があるのですが、通常の場合の3倍から4倍ものばすので、パートナーとのコミュニケーションも大切になります。
ポゼットはインドで作られているSSRIのジェネリック医薬品ですが、もともとはうつ病やパニック障害の薬だったのですが、副作用に射精を遅らせることがあったので、早漏治療薬として用いられるようになりました。
ポゼットという薬は精神薬なので継続的に服用をしないと効果が実感できないのですが、脳内のセロトニンの活動を変化させるので他の向精神薬などを服用している場合には医師に相談をする必要があります。
ポゼットとタダポックスを併用することは問題がないとされていますが、その理由としては薬理効果が全く異なっていることがあります。
しかしどちらも射精を遅らせる効果があるので、射精障害にならないように注意をする必要があります。

漢方薬

副作用などが気になる場合は漢方薬を使用することができます。
不安を抑える漢方薬としては半夏厚朴湯などがあり、効き目がマイルドなので男性だけではなく女性も服用することができる漢方薬です。